Hair Donation

 AnSはJapan Hair Donation & Charityさんのやられている『ヘアドネーション』に賛同サロンとして参加させて頂いております。


 JHD&C(通称ジャーダック)は、脱毛症や乏毛症、小児ガンなどの治療や外傷等、何らかの事情で「頭髪に悩みを抱える子どもたち」に、ヘアドネーションによる献髪のみで作ったメディカル・ウィッグを無償提供することで「社会性の回復」をサポートし、子どもたちの未来を守ることを目的として設立されました。同時にこの仕組みは「ドナーの想い・善意」が、髪を通じて子どもたちへとつながっていく、Sustainability(持続可能性)の高い活動としても広く認知されています。


ここから先は、AnSでやられる方のイメージになります。

 一番先に行うのはカウンセリングです。ヘアドネーションの施術タイムは、AnSでは特に長いお時間設定にさせて頂いているのですが、ご体験して頂きますとその理由がおわかりして頂けると思います。一番時間を掛けるのがカウンセリングといっても過言でない位にお時間をかけます。あなた様の大事な髪の毛を頂くわわけでございますので、ヘアドネーションのご説明、手順、カットした時の長さ、仕上がるヘアスタイルのイメージ等をしっかり話し合います。思っている長さより短い、長い、そのようなイメージギャップを埋めて頂き、お茶を飲みながらリラ~ックスリラ~ックスし、ご安心し、ご納得して頂いた上で、改めましてこの私が本日の進退のご選択を問わせて頂きます。この私はあなた様ご自身のご決断を尊重させて頂きますので、進めるのでしたら、この私の持っている技術を最大限発揮できるよう努力に努めさせて頂きます。また、もう少し伸ばしてからカットをしよう、ん〜やはり今回はやめておきます。のご判断のご希望の際にはご遠慮なくこの私に申してくださいませ。その時はまた機会がある時に致しましょう。

 ゴムの上1cmの所でカットさせて頂きます。カットさらた4束は1束にされてこのような状態になります。ここからこの私が丁重にJHD&Cさんにお送り致します。もしご自分でお送りをご希望の方は申し出て下されば、ジップロックに入れてお渡しさせて頂きます。

 髪の毛を耳前、耳後ろ、センターパーツで4等分します。あなた様がこれまで伸ばされた髪の毛をゴムで止めて行きます。31cm以上の髪の毛の長さが必要になります。

 ゴムの上1cm上からカットされ、一気に短くなりました。ただ切った状態ですので、すべての髪の毛、全ての毛先の履歴がこれで同じ日になり、カットされた場所で溜まってますので、ただただ重い、ただただお人形さんのような状況になります。ビックリしてしまう瞬間でもありますね^^;ですがご安心ください。その後この私が最大限の努力を致します。

 このようなヘアスタイルになりました^^この私が考えるヘアドネーションは、ドナーさん、あなた様、そしてこの私の三角形がきれいに正三角形を描けるような関係でいたいと思っております。その中でも一番ウエイトを占めるのは、あなた様だと思います。なので二等辺三角形になります。あなた様がこの様な企画にご参加される勇気にドナー様もこの私も感謝しております。あなた様がこの企画に参加してとても良かった、施述後のヘアスタイルがすごく気に入った。そのお二つの想いが沢山沢山詰まった髪の毛を頂けるドナー様の方は凄く嬉しいですし、そこに携わる事ができたこの私も凄く嬉しい気持ちになるのです。その様な成果をしっかりと成し遂げられる様、一番頑張らなくてはいけなくなるのがこの私になりますので、本当に責任の重大さを感じております。